Welcome to Osaka Hillclimb Club !

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

top △

小浜弾丸ライド@1025 後編 

ものすごく長くなりますので暇な方だけお付き合いおねがいしますm(_ _)m

僕の前輪の右側と、トプローさんの後輪の左側がハスった時に左側にバランスが崩れたので路肩の縁石を跨いで
歩道まで、もんどりうって1回転してしまいました。
しかし派手にこけたのが功を奏したのか怪我や痛みはまったくありませんでした。
やってて良かった柔道!!
受け身を覚えて以来、自転車でこけても怪我したことがありません!!
本当はコケない様注意すべきなのですが。。。。

すぐに起き上って自転車を確認するも目だったキズはなし!ラッキー!!
代わりにトップチューブバッグから放り出された補給食等があたり一面に散らばって
大変なことになっていましたがΣ(´д`;)

大急ぎで飛び散った荷物をかき集めたのですが、ここでもトプローさんからご提案。
「少し疲れが溜まっているようなので休みましょうか」
ありがとうございますう~~~~(T-T)
気づかないうちに頑張りすぎていたみたいです。
というわけで、ヒルクライマーにはあるまじきピーク前での緊急休憩笑
急いでいるのにすいません(T-T)
ここで15分程休憩。でもおかげさまでかなり体力が回復しました。

その後は今までの反省を生かしてノロノロ走行笑
トンネルをショートカットする水坂峠をちんたら登り、国道367号に合流後は檜峠とかいう峠っぽくない峠にカツを入れられ
ふらふらになりながらお昼ごはんスポットの永昌庵に到着。
今回お昼ご飯をここに選んだのは僕のわがままです。
わざわざ小浜まで行ったのに海鮮丼とかではなく途中のお蕎麦屋さんを指定してしまいすいませんでした。トプローさん。

僕はおろし蕎麦を、トプローさんは「とちかっちん」という暖かい蕎麦に栃餅が入ったものを選択。
食べたい物を適当に選んだ自分に対して、トプローさんは暖かく、炭水化物の多いメニューを選んでました。
こういうところにロングライドのキャリアの違いを感じさせられました。勉強になります~。
その後おいしいお蕎麦を食べながら自転車関連の色々な話をさせていただき、蕎麦湯を飲んでまったりしてしまいました。
また、先日差し上げたサドルのお礼ということでお蕎麦はありがたくごちそうになりました。
結局そのサドルは合わなかったのに。。。。。
その上厚かましく2RUNまで分けていただき本当にありがとうございました!
当分十三峠、じゃなかった大阪市内には足を向けて眠れません。
今度は僕にごちそうさせてください!

そんなこんなでご飯を食べ終わったのが昼の1時過ぎ。
この先それなりのアップダウンはありますが、40km程度をグロス1時間50分で行けばトプローさんの
リミットお昼3時には出町柳駅には戻れそうと計算。
楽ではないけれどそれほど厳しい数値でもないと目測を立てよし、頑張って行くぞ!と思って気合入れて
自転車に乗ったら、まさかのフロントタイヤパンクorz

自転車止めた時には大丈夫だったはずなのに。。。。。
しかも昼ご飯前に気付いていたらご飯の待ち時間を兼ねて修理も出来たのに。。。

とか思いましたが、1秒でも早く修理して出発するのが今の最優先課題!!
気を取り直してやってやるぜ!!
こんな時のために用意してきたマルニのクイックショット(初使用)で瞬殺してやるぜ!!
と鼻息荒くチューブに注入したら物凄い勢いでタイヤの横っちょからシーラント液が出てきましたwwwwwww

ご苦労様です。サイドカットです。タイヤバーストしているので要チューブ交換です。

まるでコントのような光景。約900百円が一瞬でゴミになってしまいました涙


パンク

あまりの状況にテンパりまくって、
ものすごい勢いで思考停止したのですが、ものすごい勢いで我に返り、
ものすごい勢いでタイヤにタイヤブート貼って、ものすごい勢いでチューブ交換し、
ものすごい勢いでCo2ボンベで空気入れて修理完了しました(すべて当社比)

その修理中にトプローさんが非常に心に残る一言をおっしゃいました。
「巻ちゃんセレブやなあ。Co2ボンベなんか持ってるんや。僕高くて買えないわ」
自転車乗りのみなさんって、単車くらいの値段の自転車に乗っているのに1個1200円の
インフレーターと1本200円のボンベが「高くて」買えないんですよね。不思議ですよね。
かくいう僕も清水の舞台から飛び降りるくらいの気持ちでインフレーターとCo2ボンベ買いました。

そんなこんなで20分くらい時間を無駄にしてしまい一気に時間がシビアになる。
アップダウンある40kmを90分ってかなりハイペースじゃないとあきまへん。
というか今の自分にはムリーヽ(`Д´)ノヽ(`Д´)ノ
しかも肝心の足は絶賛売り切れ在庫なし。入荷は明日以降です。

ここからは修行タイム。本当に修行でした。
売り切れまくった足で花折峠に向かう登りを淡々とこなし、やっとの思いで花折峠についたら
無駄に旧道ダウンヒルして無駄に途中越を登り返す。既に弾丸ライドの弾丸感なし笑
やっとのことで京都に入っても下り基調とは名ばかりのちょいちょい発生する嫌がらせの登り返しで
無い足を更に奪われる。
実際にはそれほど速いペースではなかったのかもしれませんが、その時の僕にはとてもつらかったです。
とりわけ、花折に向かう登りの途中でトプローさんのチェーンが落ちてその修理で1分くらいの休憩があったの
ですが、その休憩がなかったら軽く千切られていましたよ。ええ。。。。
トプローさんのCento1のチェーンリングが神様に見えました。
落としてくれてありがとうチェーンリング

最初の予定では大原から江文峠を経由し、けいおん(というアニメ)の聖地である「唯の壁」を通過して
北山駅~出町柳駅へ戻るというルートを予定していたのですが、時間の都合で、交通量は多いが最短距離に
なる367号を経由して帰ることにします。
しかしそちらを通って花園橋まで戻ってきた時点で午後3時。
そして出町柳に付いたのが3時15分頃。
時間通りに帰れませんでした。。。。
ああ、残念。。。。
最後にオンラインショップが有名な北山通りの修学院のきゅうべえの近くの橋で最後に記念撮影し、出町柳
までトプローさんをお送りしてお別れしました。

トプローさん
後半のペースダウンのせいで遅れてしまい、申し訳ありませんでした。
これだけご迷惑をお掛けして言うのもなんですが、今回のサイクリングはかなりキツかったのですがとても
楽しかったです。
短い時間だったのであまりお話できませんでしたが、また機会があればお付き合いいただけると嬉しいです。
次はもっとゆっくりお話できるよう100km位のコースを用意しますので、よろしくお願いします。
今度は花背峠、栗尾峠、佐々里峠とか案内させて欲しいです。
また次にお会いするときは今以上にトプローさんのペースに付いていけるよう頑張って乗っておきます!!

ここから先自分の反省
今にして思うと色々準備不足でした。
ロングライドでやってはいけないことばかりやってしまっていました。
・自分より速い方と走るのにリュック背負ってきた(荷物の精査が出来ていない)
・京北~美山はある程度寒いと想像できたのに、昼の暑さのことだけ考えて指きりグローブだった
・一番飛ばしてはいけない序盤にハイペースで巡航
・補給が計画的に出来ていなかった。少なくとも休憩ごとにおにぎりぐらい頬張っておいてもよかったはず
・ロングライドに行くと足が攣る傾向があるのに足攣り対策系のサプリを準備していなかった
・昼ご飯で暖かいメニューを注文しなかった
等など

結果、疲れが溜まりすぎて完全に集中力がなくなってこけてしまう。ダメダメや~ん。
今回の失敗を次回に活かせるようこちらに反省を書いておきますm(_ _)m

あと、ブログを書くことがこんなに大変とは思いませんでした。
文章を書くのも、写真撮るのも、文章の確認、校正?もすごく大変でした。
読む側って楽だったんだなとつくづく実感しました。
今回のライドで一番つらかったのはこのブログ峠かもしれません。
今度からは皆さんのブログは気合入れて丁寧に読ませていただきますm(_ _)m

最後にトプローさんとの会話の中で僕が何気なく
「きついペースですね~、今日のサイクリングは大台ケ原HCよりもきついかもしれないですよw」とか何とか
言っていた気がするのですが、STRAVAのログを見ると大台ケ原の劇坂区間の出力よりも、深見峠の登りの出力の方が
高かったです。
やっぱりほんまにきつかったんや。。。。。。

大台ケ原辻堂劇坂区間
大台ヶ原激坂

深見峠登り区間
美山深見峠

以下走行ログ
STRAVA


(巻ちゃん)
スポンサーサイト

Posted on 2014/10/29 Wed. 18:09 [edit]

CM: 6
TB: --

top △

梵天○さんと六甲山に登ってきました。 

10月26日。
六甲山・逆瀬川コースに数々のヒルクライムレースで表彰台に登ってられる“梵天○さん”と行ってきました。
参加したメンバーはyoshi、ひがし、sunzoku1号(敬称略)に梵天○さんを加えた4人。
梵天○さんは普段はとても穏やかなかたで、ヒルクライマー修行中の身であるボクらにもとても優しく接していただきました。
走りはじめると途端にオーラが変わるのが印象的でした。
また、機会があれば梵天○さんの練習にご一緒させてもらおうと思ってます。
トップクライマーのかたとご一緒できる貴重な機会ですので、次回は多くのメンバーに参加して欲しいですね!

この日の模様は
ロードバイクのある生活
天狗岩のmeisterになる。
にも掲載されています。

Posted on 2014/10/27 Mon. 08:11 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

小浜弾丸ライド@1025 中編 

国道162号線通称周山街道に入って感じたことは、向かい風が強い!
ペースが落ちきらないように淡々と走りますが、なかなかペースが上がらない。
しかも早朝の寒さのせいで、風が冷たい!!
ここから美山を越えるまでずっと向かい風だったせいで、指きりグローブだと末端が
かじかんできつかったです。

その後、笠トンネル、栗尾トンネルと2つの長いトンネルを通って、京北に到着すると霧がすごい!!
しかも今までに輪をかけて寒い(T-T)
そうこうしている内に休憩場所のファミリーマートに到着。
この時にトプローさんから「この先真っ直ぐですよね。先頭交代します」というありがたいお言葉。
甘えさせていただきました。
トプローさんの後ろについて感じたことは、ペダリングが力強い!
明らかに向かい風で、ウィンドブレーカーがすごくバタバタしているのに35km/h以上で牽いてくれます。
後ろについてもちょっとキツイくらい笑
これはイカン!自分も頑張らなくては!ということで自分も交代しながら快調に走行します。
こういう時ってつい熱くなってしまって、二人でほぼ無言で交代しながら回したらあっという間に深見トンネル、
美山の赤い橋を通過笑
自分には完全にオーバーペース。でも楽しくてつい頑張ってしまいました笑
京北ではかじかんでいた指も高負荷でサイクリングしたせいですっかり暖まりました。

その後美山ロードで有名な九鬼ヶ坂を越えたあたりでようやく霧が晴れてきました。
そのあたりでトプローさんから「少し頑張りすぎているのでのんびり行きませんか?」との提案。
ありがとうございます。後半のペースダウンを思うと少しどころでは無かったです(^-^;
その時はあまり気づかなかったのですが、後で確認したら今年参加した大台ケ原の劇坂区間より
平均ワットが高かったです(^-^;

その後は周山街道の景色や雰囲気をお褒め頂いたり、自転車談義等に花を咲かせながら
サイクリングペースで走行。
いかつい堀越トンネルを越えて超気持ちのいいダウンヒルを下ると予定より早く道の駅
名田庄に到着しました。ここでも少しだけ休憩し、すぐに出発。
あとは平坦路を淡々と回し、11時前に道の駅小浜に到着。

ここまではすごく順調でした。なんと予定より30分早く到着しました!!
小浜直前に少し足が重いかな~とは思っていたのですが、ロングライドで足が重くなるのは
普通のことなので特に気にしていませんでした。90kmも走ったし30分余裕もあるし大丈夫だろう。
そんな風に甘く見積もってしまっていました。
休憩しながらまたまた自転車談義で時間を潰してしまい、余分に休憩してからスタート。
ここでも補給をしっかり取るべきでした。反省が多いですね。

国道27号線の横を走る県道22号~県道218号を経由して国道に合流し、緩斜面がスタートする
あたりで体が重くなり出します。
あれ、登りが辛いぞ。ハンガーノックか?足売り切れたか?
多分どっちもだと思いますorz美山のツケがここで来ましたよ笑
出力が出せずにトプローさんとの距離がどんどん広がってゆく。。。。

それに気づいたトプローさんがペースを合わせてゆっくり走って距離を戻すことが出来た
のですが、ちょっとでも気を抜くとまた離れされてしまう。。。。
そんなことを繰り返し、頑張って寄ろうと思ったときにトプローさんに接近しすぎてしまい
トプローさんの後輪と、自分の前輪がハスってしまい

グワァラゴワガキーン
岩鬼

何とこけてこけてしまいました。。。_(」「ε:)_

次回へ続きます
小浜弾丸ライド@1025 後編

(巻ちゃん)

Posted on 2014/10/26 Sun. 11:09 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

小浜弾丸ライド@1025 前編 

こんばんわ!
OHC唯一の京都組の巻ちゃんと申します!
10/25(金)にOHCの広告塔、超有名ブロガーのトプローさんと小浜にサイクリング
に行ってきましたのでそちらをレポートしたいと思います!
余談ですがこちらトプローさんのブログです。
cento1ポチポタ日記

当日は朝7時ごろに地下鉄北山駅前のローソンに集合する予定だったのですが、
興奮しすぎて早く起きて1時間前に待ち合わせ場所に到着してしまいました。
遠足前の小学生状態です笑
そのまま待っているのも寒かったのでOHCのLINEでトプローさんを輪行先の京阪出町柳
まで迎えに行く旨お伝えしました。
この行動も落ち着きのない小学生そのものです笑

北山駅から出町柳にビューンと移動!
鯖街道の基点となる河合橋の前で待つことしばし、地下鉄からロードバイクを持った方
が登ってきました!初対面ですが間違いない!トプローさんだ!!
どうやらあちらも自分に気づいてくださいました!すごくテンションがあがりました!!
うおおおおお、なんかスゴイ!!うまく説明できないけど笑
しかしながら少しだけ離れた場所にいたので、信号越しにアイコンタクトでコミュニケーション笑

信号が変わってから改めてご挨拶。
みなさん仰いますが、ブログの印象とご本人にお会いした時の印象が違いました。
ものすごく失礼な表現で恐縮ですが、ブログを拝見すると「ワイは大阪やで~(´;ω;`)ブワッ 」という
勝手な印象だったのですが、ご本人は静かな口調のナイスミドルでした。
どちらかというと自転車の記事を書いているときよりも、登山の記事とか書いている時のイメージが
近いように思いました。大人やなあ、もてそうやなあ、羨ましいなあ。
俺も十分オッサンやけど。

挨拶も済んだので、コンビニで必要なものを買い込んで早速スタート!
今から160km以上走るのにスタート地点からの3kmくらいのところにあるTTポイントの京見峠に向かいます。

ちなみに京見峠はこんなところ
大阪で言うと信号のない清滝といったところでしょうか。
実は2014年春くらいからこっそり距離が縮んでます。100Mくらい減って約3.1kmになっています。
http://hillclimb-west.seesaa.net/article/125019498.html

早速あそこがスタートですといってそのまま止まらずにTT開始!
スタート地点で「ガッ」と踏むも「アッ」という間に抜かれて見る見る背中が小さくなってゆく笑 
いつも思うけど何でこんな気持ちのいい峠でTTなんかするんやろうかと自問自答しつつヒルクライム笑
その日は2Lくらいの小さいリュックを背負っていたのですが、そいつが響いたのかベストから約20秒ほど遅れて
12:32でゴール。自分的にはまあまあ。
ちなみにトプローさんは11分半くらいでゴールされたそうです。さすが十三峠マイスター。
いきなりこのタイムということは、アップが十分でコースの特徴を把握されたら10分台いけると思います。

この日の京都は朝やたら寒く、京見峠のダウンヒルでは登りで火照った体も一瞬で冷えてしまう程でした。
そこそこ下った先の交差点の電光掲示板も6度を表示しておりピークは4~5度だったかもしれないです。
このくらいの時は指きりグローブが寒かった~。
暫く下ったら、信号のある大きなT字路に差し掛かりました。
いよいよ国道162号です。ここから小浜に向けて本格的に走り出します。

次回へ続きます。
小浜弾丸ライド@1025 中編

(巻ちゃん)

Posted on 2014/10/26 Sun. 00:17 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

緊急告知!10月26日、六甲山・逆瀬川コースを登ります。 

10月26日に“六甲山・逆瀬川”コースを登ります。
そこで今回、一緒に走ってくれる方を募ります。

参加メンバー(10月24日現在)
  O.H.C.からはyoshi、ひがし、sunzoku1号(敬称略)の3人。それに加えて特別ゲストとして“梵天○さん”が来てくれることになりました。

集合場所
  宝塚末広公園

集合時間
  AM8:00

参加方法
  当日の飛び入り参加もO.K.ですが、よろしければコメント入れていただければありがたいです。

言わずと知れたトップクライマー“梵天○”さんとお話しできる貴重な機会だと思います。沢山のかたの参加をおまちしております。

Posted on 2014/10/24 Fri. 21:55 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

金剛山ライドを楽しんできました。 

10月21日に金剛山に行ってきました。
前日の天気予報は怪しかったものの、当日は天気も良く、絶好のロングライド日和になりました。

IMG_3871.jpg

このライドの模様は
クライマーへの道
天狗岩のmeisterになる。
にも掲載されています。

Posted on 2014/10/24 Fri. 07:42 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

ヒルクライムシリーズ2014 第3回養父ハチ高原大会に参加してきました。 

10月19日に行われたハチ高原ヒルクライムにO.H.C.のメンバーも参加しました。

IMG_3798.jpg

yoshi、ザク豆腐、sunzoku1号、nov(敬称略)の4人です。
当日は晴天に恵まれ、スタート前は激寒でしたが、ゴール後は暖かくなりとても気持ちいい気候になってくれました。
レース後も仲間がいれば楽しい時間が過ごせすね。いつも一人で大会に出てるかた、ぜひO.H.C.に入りませんか?

このレースのレポートはsunzoku1号のブログにも掲載されています。
天狗岩のmeisterになる。

Posted on 2014/10/24 Fri. 07:33 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

OHC11月走行会の予定 

11月度OHC走行会は下記日程を予定しております。


①日曜ライド(高野山)
日時   :11月2日(日) 集合時間7時30分
集合場所:柏原リビエールホール
コース  :高野山
参加者  :チョップさん、やまじゅんさん、くにかつおさん、はるのすけさん、ヤス吉
       (トプローさん、YOSHIさんは現在調整中)
       すでにOHC以外からも参加依頼を頂いております。
雨具、ライトの準備お願いします。

前日15時の時点で6〜12時の天気予報が50%以上なら中止にします。
②平日ライド(内容未定) 
日時   :11月25日(火) 集合時間未定
集合場所:未定
コース  :未定
参加者  :トプローさん、しんいちさん、巻きちゃんさん、ヤス吉
       (やまじゅんさん、現在調整中)

細かい内容は現在打ち合わせ中です。決まり次第更新していきます。
OHC以外の方で参加希望される方、いらっしゃいましたら当ブログにコメント頂きます様宜しくお願い致します。

Posted on 2014/10/22 Wed. 08:02 [edit]

CM: 4
TB: --

top △

ライン通知をシャットアウトする方法について 

OHCはライン通知が多すぎて困る!
そういう時はちょっと設定をいじってみましょう。


まずはここ



それでここ




これでOHCのグループトークは通知されなくなります。
これで深夜早朝、仕事中も安心ですね。


Posted on 2014/10/16 Thu. 22:52 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

先日の清滝大正池信楽ライドについて 

先日実施された清滝峠~大正池~信楽走行会について、飛び入り参加してくれた人気ブロガーのコンソメさんが記事を三部作にして公開してくれています。
OHC走行会の雰囲気がよくわかる楽しい記事です。

その1にリンクをはりつけておきますので、みなさんぜひ一度、ご覧ください。

O.H.C.走行会乱入記。その1。ヒルクライムTT2連発。



あ~、くそ~。
僕も参加したかった(´;ω;`)ブワッ

執筆者 トプロー

Posted on 2014/10/16 Thu. 08:09 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

2014-10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。